こんにちは!皆様お久しぶりです、スタッフの佐藤です!訪問看護を始めて、一ヶ月が経ちました。はやいなぁ。。。あっという間だった一ヶ月。今回はこの場をお借りして、この一ヶ月を振り返ってみたいと思います!(^v^)

私にとって、訪問看護という世界は未知の世界でした。訪問看護って何だろう。どんな事をするんだろう。ご家庭で医療を提供するってどうすればいいのだろう。利用者様とどのように向き合っていったらいいんだろう。ほかの職種の方々とどの様に連携しているんだろう。とにかく、本当に色々な不安がありました。

初めての訪問は、所長に同行させていただき、訪問看護の流れを見学させていただきました。所長の細やかな対応やケアを見て、振り返り、少しずつ少しずつ自分で出来ることを見つけていく事が出来ました。最初は不安で出来ない事のほうが多かったけれど、一ヶ月たって少しずつですが一人で出来ることも増えてきました!(^^)!

この一ヶ月で私が気付いたことは、病院での看護も、訪問での看護も、患者さまを第一に考え患者さまがより良くなるよう看護を提供していく、という根本的な部分に違いはないという事です。それに加えて、訪問では患者さまだけでなく、ご家族にもじっくり寄り添う事が出来るため、広い視点から看護を考えていける場であると感じました。

まだまだ分からない事も多々ありますが、一歩一歩着実に成長していけるよう頑張ってまいります!

これからも りあんをよろしくお願いします!(^v^)